〒663-8172
兵庫県西宮市甲子園二番町1-22
TEL:0798-41-8111

兵庫県西宮市の歯科(歯医者)、おおつか歯科クリニック。インプラント、審美歯科(ホワイトニング)、矯正歯科などに対応。

おおつか歯科クリニック 診療時間・地図

求人案内

QRコード 携帯電話で左のQRコードを読み取りアクセスして下さい。

エコーラルインプラントセンター
インプラント・審美歯科
エコーラルインプラントセンター
一般・小児・予防歯科

一般歯科

虫歯治療

虫歯とは口の中に存在する虫歯菌(主にミュータンス・レンサ球菌)が砂糖(スクロース)を分解してできた酸によって歯が溶けた状態を言います。

虫歯はその進行度合いにより大まかにC0、C1、C2、C3、C4と分類され、その程度により処置法が異なります。それぞれの段階における処置法を具体的にご説明します。


C1の治療
C1 歯の最表層のエナメル質に限局した虫歯で、再石灰化を促す処置を定期的に行うことで経過を観ていく場合と、虫歯になってしまった部分だけを削り、コンポジットレジンという歯と同色の材料を詰める場合とがあります。
その後はPMTCを含めた口腔衛生指導を行います。

C2の治療
C2 象牙質という神経に直結した組織まで虫歯が進行し、熱いもの冷たいものがしみるという症状が見られ始めます。
大きさや広がり方により処置法が異なりますが「なるべく歯を削らずに処置することの大切さ」を踏まえた上で、レジン充填や金属等の詰め物(インレー)の処置を行います。

C3の治療
C3 神経まで虫歯が及んでしまった状態で、激しい痛みを感じる場合が多いです。
その範囲が小さければ虫歯の部分を除去し、神経を取らずに済む処置も可能ですが、一般的には神経を除去し根の中の治療をした後で、歯の周囲全体をかぶせ物(クラウン)で被う処置となります。

C4の治療
C4 歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。
抜歯にいたると両隣の歯を削ってブリッジにする処置になる場合が多く、当院はできる限り抜かずに歯を保存する努力をしています。抜かずに済めばC3と同様、クラウンを被せることになります。

歯周病治療
歯周病とは歯周病原因菌による細菌感染のことをいい、以前は歯槽膿漏と言われていました。
歯周病による炎症は、細菌性プラーク、細菌が出す毒素、硬化沈着物(歯石)が直接的な原因となります。
しかし現在では患者さんの健康状態、遺伝子構成、生活行動などがその発症に大きくかかわると考えられております。細菌性プラークが多量に沈着していても患者さんの免疫力があれば歯周病にならない場合もあります。
歯周病はその進行程度により大まかに、歯肉炎と歯周炎に分けることができます。

歯肉炎
歯肉炎 歯肉炎は歯茎に限局した炎症で、スケーリングやPMTC、口腔内清掃指導による正しいブラッシング等により比較的早期に健康な状態に回復することができます。

歯周炎
歯周炎 歯周炎は歯周病原因菌が歯肉溝を通してもっと深部の組織(歯根膜や歯槽骨)へ侵入し炎症を起こした状態です。こうなると歯を支えている歯槽骨が炎症の結果、骨吸収を来たし、歯が動揺したり急性期には歯茎が腫れ、膿み、痛み、を伴うことがあります。
治療法は、まず歯肉の上の部分に沈着した歯石やプラークを除去し、その後麻酔下において歯肉の下の根の部分の沈着物を除去するSRP(スケーリング・ルート・プレーニング)という処置が基本的に行われます。
更に進行した歯周炎には歯周外科やGTR(歯周組織再生療法)といった処置が適用されることがあります。

小児歯科

乳歯の治療、永久歯に全部生え換わる迄の予防が中心になります。
一般的にはフッ素塗布による虫歯予防を行います
小児歯科

予防歯科

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

その一方で、いくら一生懸命にブラッシングを行っていてもどうしても磨き残しが出てしまう部分があり、このようなところにバイオフィルムが形成されます。
バイオフィルムは歯ブラシでは除去することが困難で、また、唾液中のミネラルがバイオフィルムを結合し歯石を形成しますがこれも歯ブラシでは除去できません。

これをPMTCと呼ばれる方法で解決していきます。 PMTCとはプロフェッショナル(専門家による)メカニカル(機械的な)トゥース・クリーニング(歯のお掃除)のことで、PMTCはバイオフィルムを破壊し、疾病の発症の予防につながると同時に、歯面への色素沈着物の除去も可能で白い健康な歯を確保できるのです。

お子さんの定期的なPMTCとフッ素塗布は初期の虫歯の進行を抑え、新たな虫歯に罹患しないよう歯質の強化を図ることが目的です。


フッ素・シーラント塗布

フッ素を歯に塗ることによって、今ある歯をより丈夫にすることができます。

これは、フッ素が歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。
この結晶は普通の歯の結晶よりも丈夫になり、虫歯菌の出す酸に対して強くなります。
このため、フッ素塗布により歯の表面が強くなり、虫歯になるのを防ぐことができるようになります。また、歯のエナメル質のまわりにフッ素があると、再石灰化を促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。

最近の研究では、この再石灰化促進力が虫歯予防効果としては大きいと言われています。また自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることも出来ます。

シーラントとは、歯の溝を虫歯になる前にフッ素を放出するお薬で埋めてしまう簡単な方法です。虫歯予防や初期の虫歯で歯を削ってしまうと逆に穴が大きく広がってしまうようなときにシーラントという治療を行います。

しかし、たとえシーラントをしていても正しい歯みがきをしなければ歯と歯の間や、歯と歯ぐきの間からムシ歯になってしまいます。
シーラントをした後も、正しい歯磨きをしっかり行いましょう。

 
ページトップへ